旭川市 借金返済 法律事務所

借金や債務の相談を旭川市に住んでいる方がするならコチラ!

借金をどうにかしたい

自分一人ではどうしようもないのが、多重債務・借金返済の問題です。
金額が大きくなり、金利を払うので精一杯。
借金返済問題は、一人で悩んでいても解決は難しいでしょう。
旭川市にお住まいの方も、まずはネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみては?
いきなり事務所で直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるかもしれません。
もちろん、旭川市に対応している法律事務所や法務事務所をここでは紹介しています。
1人で悩まず、弁護士・司法書士に相談するのが、借金問題解決への第一歩です。

旭川市に住んでいる方が借金・債務整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

旭川市の借金返済問題の相談なら、ここがお勧めです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
弁護士費用の支払は、分割払いの対応も可能。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金の督促をSTOPすることも可能です。
過払い金、自己破産、任意整理、個人再生、など、債務や借金について無料相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



ウイズユー司法書士事務所(借金減額の無料診断)

ウイズユー司法書士

旭川市に住んでいる人が債務整理・借金の相談をするならまず、「借金の減額診断」もオススメです。
全国に対応している「ウイズユー司法書士事務所」が行っている無料診断です。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけの、簡単なもの。
診断はホームページ上で行えるので、面倒な登録などは必要ありません。
また、診断結果を送信することもできますが、送信や無料相談は匿名OKなので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 毎月の返済金額がいくら減るのかが分かる!
  • 無料&匿名で相談OK!
  • 全国に対応!
月々の支払いがいくら減るのか、借金がいくら減るのか、借金解決の第一歩として無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断はコチラ



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので旭川市にお住まいの人も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の旭川市近くの法務事務所や法律事務所の紹介

旭川市には他にも法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●野嶋司法書士事務所
北海道旭川市豊岡4条1丁目2-21
0166-37-9911

●新田三千明司法書士事務所
北海道旭川市9条通7丁目
0166-25-2237

●道北法律事務所(弁護士法人)旭川事務所
北海道旭川市9条通7丁目2483-6
0166-76-4817
http://kyokuben.or.jp

●三木田憲治司法書士事務所
北海道旭川市6条通13丁目左4
0166-23-3161

●廣田善康法律事務所
北海道旭川市2条通8丁目
0166-73-4300
http://lawyer-hirota.com

●猪狩司法書士事務所
北海道旭川市9条西2丁目1-16
0166-26-8911

●富川法律事務所
北海道旭川市5条通12丁目1086-3
0166-20-3277
http://plala.or.jp

●中村元弥法律事務所
北海道旭川市東4条4丁目2-7
0166-25-5411
http://twitter.com

●南利昌司法書士・土地家屋調査士事務所
北海道旭川市6条通11丁目右4
0166-23-1697

●川畠・谷口合同事務所
北海道旭川市豊岡8条5丁目1-16
0166-37-7767

●しらかば法律事務所
北海道旭川市川端町4条6丁目4-18
0166-55-4690
http://potato.ne.jp

●旭川総合法律事務所
北海道旭川市3条通9丁目551-2
0166-76-1087
http://asaso-law.com

●高橋弘道司法書士事務所
北海道旭川市大町2条4丁目21-468
0166-51-3340

●阿部一喜司法書士事務所
北海道旭川市東旭川北1条4丁目15-20
0166-36-1399

●旭川弁護士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9527
http://nichibenren.or.jp

●旭川司法書士会
北海道旭川市花咲町4丁目
0166-51-9058
http://asa-s.jp

●久郷道廣司法書士事務所
北海道旭川市永山3条17丁目3-2
0166-47-3918

●かぐら法律事務所
北海道旭川市神楽4条6丁目1-15
0166-73-3207
http://ocn.ne.jp

地元旭川市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

旭川市で借金返済問題に困っている状態

借金を借りすぎて返せなくなる理由は、たいてい浪費とギャンブルです。
競馬やパチスロなどの依存性の高いギャンブルにはまり、お金を借りてでも続けてしまう。
気がつけば借金はどんどん膨らみ、返済できない額に…。
あるいは、クレジットカードやローンなどで高級品やブランド物を大量に買い続け、借金も増え続ける。
カメラや模型など、お金のかかる趣味に入れあげてしまう、というのも浪費の内に入るでしょう。
自分が作った借金は、返済しなければなりません。
けれども、金利も高く、返すのが辛いものがある。
そういう時に頼みの綱になるのが、債務整理。
弁護士・司法書士に相談し、借金の問題の解決に最良の策を見出しましょう。

旭川市/債務整理は弁護士へ依頼するのがいい?|借金返済

債務整理とは、借金の返済が困難になった場合に借金をまとめる事でトラブルから回避できる法律的な進め方です。債務整理には、自己破産、民事再生、過払い金、任意整理の4種類の進め方があります。
任意整理は、裁判所を介さずに債務者、債権者が直接交渉をし、利子や月々の返済額を圧縮する方法です。これは、利息制限法、出資法の2種類の法律上の上限利息が異なっている事から、大幅に圧縮することが可能な訳です。話合いは、個人でも出来ますが、一般的には弁護士の先生に頼みます。人生経験豊かな弁護士さんであればお願いした時点でトラブルから回避できると言っても過言ではありません。
民事再生は、現在の情況を裁判所に認めてもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に少なくしてもらうルールです。このときも弁護士の方に相談すれば申立て迄出来るので、債務者の負担は軽減されます。
自己破産は、民事再生・任意整理でも返済できない高額な借金がある際に、地方裁判所に申立てをして借金を無しにしてもらう仕組みです。このような時も弁護士さんにお願いしたら、手続きもスムーズで間違いがないでしょう。
過払金は、本来ならば支払う必要がないのにクレジット会社に払い過ぎた金の事で、司法書士又弁護士にお願いするのが一般的なのです。
こういうふうに、債務整理は貴方に適した手段を選べば、借金に苦しんだ日々から一変し、再出発をする事が出来ます。弁護士事務所によって、債務整理や借金に関する無料相談をしてる事務所もありますので、まずは、問い合わせてみたらいかがでしょうか。

旭川市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/借金返済

はっきし言って世の中で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。高価な車、マイホーム、土地など高価な物は処分されるが、生活の為に要るものは処分されないです。
又20万円以下の貯金は持っていても問題ないのです。それと当面の間の数か月分の生活費が100万未満なら取り上げられる事はないのです。
官報に破産者のリストとして記載されるのですがこれもごくわずかな方しか見ないのです。
また俗にいうブラック・リストに掲載され7年間程ローン、キャッシングが使用キャッシング・ローンが使用出来ない状態になるでしょうが、これはいたし方ないことです。
あと一定の職種に就職出来ないと言う事もあるのです。けれどこれも極限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返金することが出来ない借金を抱えているのであれば自己破産を実行するのも一つの手法でしょう。自己破産を行った場合今までの借金がすべてなくなり、新規に人生を始められると言う事でメリットの方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や司法書士や税理士や弁護士等の資格は取り消しされます。私法上の資格制限とし遺言執行者・後見人・保証人にもなれません。また会社の取締役等にもなれないです。だけれどもこれらのリスクはあまり関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではない筈です。

関連ページ